消費者金融カードローンの利用が便利!

消費者金融と聞くと、あまり良い印象を持たない人も多いでしょう。

 

しかし少額融資を望んでいる人にとって、消費者金融カードローンは便利で使いやすさ抜群と言えます。

 

カードローン利用をする人の中には、

 

  • あと少しお金が足りない
  • 生活費が苦しい
  • 急な食事の誘いで財布がピンチ!

 

といったように、少額を借りたい!と感じる状況もあるでしょう。また少額キャッシングを検討する人の多くは、急ぎでお金が必要なケースも多いです。

 

こうした状況でも即座に対応できるのが、消費者金融カードローン。

 

今回は、そんな消費者金融カードローンのメリットや利用ポイントについて紹介していきたいとおもいます。

 

今記事を参考に、賢いキャッシング利用をスタート!

 

銀行カードローンじゃダメ?少額融資で消費者金融を選ぶ理由

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて、金利が低いのが魅力的ですよね。また銀行という名前の安心もあるため、少額融資でも銀行カードローンを利用したい!と考える人も多いでしょう。

 

しかし銀行カードローンはその金利が低い分、消費者金融に比べて審査が厳しくなります。

 

消費者金融でも審査を厳しく判断していますが、銀行に比べてみると幅広い層が利用しやすいサービスを提供する傾向にあります。

 

そのため少額融資や急ぎの場合には、消費者金融系がおすすめなんですね。

 

学生やフリーターでも利用可能

 

消費者金融の魅力は、学生やフリーやーでも気軽に利用できる点です。

 

たとえば10万円程度の少額融資であれば、収入が非常に少ない学生でも受理してもらえる可能性が高いです。

 

またアルバイトも10万円程度であれば、返済負担もそこまで大きくありません。学生やフリーターは、属性や収入面からいうとキャッシング利用に不利な立場となります。

 

そのため銀行カードローンなど厳しく審査されるケースでは、よりハードルがあがってしまうんです。

 

このような人々でも窓口の広い消費者金融であれば、10万程度なら利用できる可能性はとても高いです。

 

学生やバイトでも計画的に返済を積み重ねれば、完済できる額だといえるでしょう。

 

限度額の高さ=信頼度

 

しかし、普通に働いている方ならば、最低でも30万円くらいの融資限度額を与えられるはずです。

 

年収は200万円はありますから、総量規制の観点から見ても、それぐらいの融資は初めてのキャッシングであっても妥当な判断です。

 

そもそも10万円というのは消費者金融の最小融資限度額です。

 

消費者金融からすれば貸し付けはできるものの、

 

まだ信用することができない
返済能力があるのかどうかが分からない

 

というような相手に行う融資金額です。

 

もしも普通に働いていて限度額が10万円となってしまったら、信用度が無い証です。もっと借入したいのであれば、信用度を上げられるように善処しましょう。

 

消費者金融活用するの魅力を徹底解説!

 

消費者金融の魅力は、

 

審査に通りやすいこと
審査が早く終わること

 

といたこの2つがあげられます。これは少額融資でも構わない人にとっては、とても大事なポイントです。

 

例えば、明日までに5万円のお金を用意しなければならないというケースが発生するとします。この場合期限付きなので、間に合わなければ意味がありません。

 

もしも銀行カードローンの審査を受けてしまうと、審査に時間がかかって、お金を振り込んでもらえなかった時や肝心の審査に通らなかった、という場合ですと、かなりのタイムロスをしてしまいますし、別の借入先を探す必要が出て来るでしょう。

 

しかし消費者金融の場合ですと、審査に通過し易くなることはもちろんのこと、審査結果も早く手に入れることができます。

 

通過していれば、すぐに手元にお金を入手することができるので当面の心配から解放されるでしょう。

 

金利の面でも消費者金融が勝る場合がある

 

また消費者金融の中には、初回利用時に無利息期間を設けている会社もあります。金利が気になるのであれば、これを利用することで一定期間は金利がゼロとなります。

 

そして期間中に返済をすれば、明らかにこちらの方がお得となります。

 

もちろん返済できることが確実であればですが、消費者金融の方が得をする場合があります。特に少額融資の場合は、ぜひ利用してみてくださいね。

 

消費者金融カードローンは即日融資にも便利!

 

消費者金融が即日審査に強い理由として、審査時間がとても早いことが挙げられます。

 

最短30分とは、銀行カードローンの場合でもいくつかありますが、消費者金融の場合は審査だけで30分、それ以外のことを含めても長くて1時間くらいしかかかりません。

 

銀行カードローンは借入までに時間がかかることがありますので、消費者金融の方が早く借りれるケースが多いのです。

 

時間以上に通過率も重要

また、いくら審査が早く終わるからと言っても、審査に落ちてしまえば元も子もありません。消費者金融と銀行カードローンでは、なんと通過率に2倍近くもの違いがあるのです。

 

数値として表すと、消費者金融の場合は40〜45%の審査通過率があり、銀行カードローンの場合は20〜30%の審査通過率となっています。

 

この数値は時期などで前後5%くらいは変化するものですが、それでも銀行カードローンの場合は、良くて3人に1人の割合でしか審査に通過しないことになります。

 

この数値は株式会社きんざいという組織の発行する『月刊消費者信用』という業界紙で発表される確かな数値ですので、信用に値します。

 

数値だけを見ても消費者金融の方が通りやすいですし、実際に銀行カードローンの審査に落ちても、消費者金融の審査には通るという条件の方もたくさんいらっしゃいますから、即日融資を受けたいのであれば、確実性の高い消費者金融の方がオススメだと言えるでしょう。

 

即日融資を受けやすいもう一つの理由

 

消費者金融で即日融資を受けやすい理由としてはもう一つあります。

 

それは受付時間が長い事です。殆どの銀行が、15時には受付を終了させてしまうのですが、消費者金融ならば20時までに申し込みを済ませれば、ほぼ確実に即日融資を受けることができます。

 

というのも審査回答が21時までですので、最低30分、最高1時間の審査時間を要すると考えると、大体それくらいまでに申し込めば21時までには審査回答を受けられると考えられるでしょう。

 

また即日融資は平日だけでなく、土日でも祝日でも受けることができます。

 

融資の受付時間が長いですし、審査を受けられる機会もたくさんありますから、その分だけ消費者金融の方が即日融資を受けやすいのです。

 

消費者金融を利用するのならば在籍確認の電話を回避する

 

銀行カードローンの場合は避けて通れないことに在籍確認があります。在籍確認は重要な要素で、失敗してしまうと融資を受けることができなくなります。

 

失敗するパターンとして考えられるのが、職場に誰もいない時間帯に在籍確認の電話が職場にかけられてしまう場合です。

 

そうすると誰もいないわけですから、確認をすることができません。

 

いくら自分が在籍をしていると言っても、証拠がないのですから信用してもらえず、そこで審査は終了となってしまいます。

 

在籍確認の電話を回避するにはどうすればいいか

 

在籍確認の電話は、消費者金融にももちろんあります。しかし消費者金融の中には、プロミス、アコム、モビットの3社だけが在籍確認の電話を無くすことが可能なのです。

 

その方法は至ってシンプルで、在籍確認を書類で行うのです。書類で行うのはプロミスとSMBCモビットです。

 

プロミスやSMBCモビットの場合

 

SMBCモビットの場合ですと、その他にも指定の銀行口座を持っていることが条件になってしまうのですが。

 

一方プロミスの場合は電話や、自動契約機などを使って、口頭で在籍確認の電話を無くしたいと申し出れば、これらの書類などでの在籍確認を行ってくれます。

 

アコムの場合

 

アコムの審査は他と違って、在籍確認ができなくとも10万円までならば融資可能、という制度になっています。ですので書類を用意する必要はありませんし、電話確認に失敗したとしても10万円までは借りられる、ということです。

 

また根本的に在籍確認が無くなった、というわけではなく、後日に必ず在籍確認は行われますので、それをクリアすれば、10万円以上でも借りることができるようになります。

 

もしも即日融資を受けたいのであれば、夜間、土日祝日でも申し込めて、審査回答までの時間も短く、何より通過率の高い消費者金融を利用した方がいい、ということをご紹介させていただきました。

 

もちろん、金利は銀行と比べて高いので、そのあたりも計算した上で利用は行ってください。

初めてのキャッシング!消費者金融で30万円の借入は可能?

初めて利用するキャッシング会社で“いきなり大金を借りること”は難しいのが現実です。ですが30万円ほどなら大丈夫!たいていの場合しっかり借りることができるでしょう。

 

ただ誰でも無条件に30万円 借りられるわけではありません。

 

まずは消費者金融で30万円をスグに借りるためには、やはり「安定した仕事・ある程度の年収・過去に返済トラブルがない」などといった条件を満たしている必要があります。

 

特に「30万円を借入するための条件」というものが明確に存在するわけではないのですが、

 

  • 「年収が安定している」
  • 「勤続年数5年以上の正社員」
  • 「現在ほかの借入がない」
  • 「クレジット利用利益が良好」

 

など、上記の条件を満たしていれば借入チャンスはグッと高くなる…と言うことができるでしょう。

 

もちろん条件は、あくまで一例にすぎず、この条件を全て満たさないと30万円の借入はできないわけでは決してありません。

 

ですが基準として頭に入れておいくといいでしょう。

 

30万円借りるには、100万円の年収が必要

 

上記でも少し触れましたが、消費者金融で借入をする際に気をつけなくてはならないのが「総量規制(消費者金融での借入は年収の3分の1までというルール)」の存在です。

 

借入金額が年収の3分の1に収まっている必要があるわけですから、30万円を借りるには、およそ100万円の年収が必要だということになります。

 

ただ、これは逆に考えれば100万円を大きく超える年収があれば30万円の借入は比較的可能ということ。

 

よって200〜300万円以上の年収があるのならば、アルバイトのケースでも30万円の即日借入は、そう難しいことではないでしょう。

 

初キャッシングは少し厳しめに審査

 

はじめて消費者金融での借入は、その審査も厳しくなる傾向があります。

 

まだ金融機関との間に信頼関係が構築されていないため、審査に時間がかかったり、思うように希望金額の借入ができなかったりすることがあるのです。

 

借入履歴がないということは先述の通り、金融機関との間に“信頼関係が構築されていない”ということ。プラスの印象(信頼)を持ってもらうこともできていない状態なのです。

 

そのため、どうしても初回の借入時には審査が厳しくなり・思うように借入出来ない傾向があるということは頭に入れておいてください。

任意整理と言うのは解りやすく言えば、債務者が借金負担を軽減してもらう仕組みであり、任意整理したら信用情報として記録に残り、新規のキャッシングをするにしても5年から10年程度は記録が消えずに審査通過が難しいです。任意整理後に新規借入が出来るの...
キャッシングの申し込みをする際、自営業の人は勤務先の欄にどう書けばいいのか悩んでしまうことがあるかも知れませんが、ここには自分の経営する屋号を記入すればOKです。ですので経営をしている「○○商店」などと記入します。特に開業している訳ではない...
キャッシングの審査では、過去のキャッシングにおける返済状況だけではなく、携帯電話代金の支払いや奨学金の返済状況についてもチェックされます。携帯電話の通信料については問題ありませんが、携帯電話本体の代金を分割払いで支払っていた時に延滞してしま...
借り入れ先が1つだけになればおまとめローンかと聞かれれば、それは半分は正解だといえます。ですがおまとめローンにはそれを組む意味があります。借り入れ先が複数ある場合より色々なメリットを受けられるので、1つにまとめてしまうのです。そのおまとめロ...
借り過ぎて返済できなくなるのが怖いという女性に、人気の女性専用ローンについてご案内します。借り入れ制限などがあり、少額の借り入れを希望する女性に支持されていますが、金利は一般的なローンと変わりません。女性専用のローンを扱っているのはどこ?女...
無職の専業主婦はキャッシング会社での借り入れはできませんが銀行なら可能です。キャッシング会社での借り入れ条件は、一定の収入があることが条件となりますが、銀行では総量規制がないので借り入れができます。銀行だと借り入れができる元々は、配偶者の同...
主婦がキャッシングをする理由で多いのは、生活費や教育費だと言われています。これは実際に調査によっても1/3がそのような理由でキャッシングをしているという結果が出ています。生活費がどうしても足りない時にキャッシングするのは仕方ないかも知れませ...
主婦の方がキャッシングを利用したとしても、なんら心配をするようなことはありません。特に公共料金などの支払いならば、支払いは期間中に間に合わせなくてはなりませんから、急を要することだと思います。また、そこまで大きな金額になるわけでもないので、...