携帯電話本体の分割払い遅延や奨学金の延滞は、審査に影響を与える

キャッシングの審査では、過去のキャッシングにおける返済状況だけではなく、携帯電話代金の支払いや奨学金の返済状況についてもチェックされます。

 

携帯電話の通信料については問題ありませんが、携帯電話本体の代金を分割払いで支払っていた時に延滞してしまうと、キャッシングの審査に影響を与えてしまうのです。

 

携帯電話本体の分割払いは、債務の支払いに該当する

通常の携帯電話の使用料である通信費の支払いは、ローンや借金とは何らの関係もありません。しかし注意が必要となるのは携帯電話本体代金を分割払いで支払う場合についてです。携帯電話本体を分割払いで購入した場合、一般に言う残債が残った状態となります。

 

その本質はローンを組んで本体を購入し、分割払いでローンの返済をしていることになるのです。つまり携帯電話本体を分割払いで購入した場合、ローンを組んだのと同じ状態になってしまうのです。携帯電話代金の分割払いについて延滞してしまうと、クレジットカードやキャッシングの返済について延滞したのと同様の影響を与えてしまいます。

 

金融取引の返済に関する情報は、個人信用情報として信用情報機関に登録されるため、携帯電話料金の延滞についても、個人信用情報を傷つける可能性があるのです。信用情報が傷ついてしまうと、審査に影響を与えます。最悪の場合、キャッシングを利用できなくなる可能性もあるため注意が必要です。

 

auユーザーでじぶん銀行カードローンに申し込むケースでは細心の注意が必要

このように携帯電話代金の支払遅延は、キャッシングの審査に影響を与えます。その影響が最もよく分かるのが、auユーザーがじぶん銀行のカードローンに申し込むというケースです。じぶん銀行はauの親会社であるKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で設立した銀行です。そこでauに関する支払いの記録は、じぶん銀行が入手できる関係となっています。

 

ここで、携帯電話代金の分割払いで延滞したことがあるauユーザーが、じぶん銀行のカードローンに申し込むと、その延滞記録が審査に影響を与えてしまいます。認められる限度額が低い金額に制限されたり、場合によっては融資が拒否されてしまうのです。

 

過去にキャッシングやクレジットカードで何らの延滞事故を発生させたことがなくても、キャッシングの審査に落とされるという場合には、このケースのように携帯電話の分割払いで延滞したことが影響している場合があるため注意が必要です。

奨学金の延滞も、個人信用情報に記録される場合がある

高校や大学への進学時に支給される奨学金については、就職後に毎月、一定額を返済しなければなりません。この奨学金には有利息なものと無利息なものがありますが、いずれも法的には債務でありその実質は借金です。

 

そこでこの奨学金の返済について遅延や延滞すると、それは個人信用情報に記録される可能性があるのです。もちろん奨学金については金融機関からの借金とは異なります。公的機関である日本学生支援機構が融資しているものであるため通常の借金に比べ、遅延や延滞した時の個人信用情報への影響は軽微であることが予想されます。

 

しかし重度の延滞を発生させてしまうと、個人信用情報に事故情報が記載されてしまうことがあり得るのです。なお奨学金は、5年までの返済猶予を受けることが可能です。もし支払えない時には、所定の手続きを踏むことで返済猶予を受ければ、個人信用情報が傷つくことを避けられるのです。

 

キャッシングの審査では、あらゆる借入と返済の記録が評価の対象となる

キャッシングの審査において評価対象となるのは携帯電話代金の支払いや奨学金の返済だけにとどまりません。当然、過去におけるキャッシングの利用履歴やクレジットカードの支払状況、さらには自動車ローンといった各種ローンの利用についてもチェックされます。キャッシングの審査を問題なく通過するには、様々な場面における支払いや返済において、延滞することなく確実に期日を守る必要があります。

 

確実に期日を守っていれば、個人の信用度を表す数値であるクレジットスコアは上昇していきます。高いクレジットスコアを保持していれば、キャッシングにかぎらず、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンの審査においても優遇されるようになるのです。

 

クレジットスコアが高い人の特徴

クレジットスコアは様々な構成要素から判断されますが、世間的なステータスが高い人物ほど、クレジットスコアも高くなる傾向にあります。年収の金額が高く、勤務先が有名企業で職業が安定しており、現時点で債務を抱えておらず、債務の返済で延滞したことがなく、かつクレジットカードの保有枚数が少ないなどの条件を満たしていれば、クレジットスコアを高くすることができます。

 

しかしこれらは多分に就職先に左右されることであり、簡単に行えることではありません。そこで大切となるのは、誰にもできるクレジットスコアを高める方法です。

 

クレジットスコアを高める方法

誰にでもできるクレジットスコアを高める方法は、クレジットカードを継続的に使用するということです。実はクレジットカードを使用することは、借金して物品を購入し、後でその返済をしていることなのです。つまりクレジットカードの使用はキャッシングの利用と同様の経済効果を持っているのです。

 

キャッシングの審査では、過去にきちんと返済をしている人物は信用できる人物として高評価を受けます。そこでクレジットカードを利用して、きちんと支払いを続けていればクレジットスコアを高められ、審査を有利に通過することができるのです。