配偶者の同意者なしで借り入れができます

無職の専業主婦はキャッシング会社での借り入れはできませんが銀行なら可能です。キャッシング会社での借り入れ条件は、一定の収入があることが条件となりますが、銀行では総量規制がないので借り入れができます。

 

銀行だと借り入れができる

元々は、配偶者の同意や同意書の提出が必須だった専業主婦のカードローン事情ですが、最近では配偶者の同意が無くても借り入れができる銀行が増えてきました。

 

配偶者の収入証明書も不要

300万円以下の借入であれば、収入証明書の提出が不要となっている銀行が大半となっているんです。借り入れ額を抑えて申し込み手続きを行えば、本人確認書類だけで借り入れができてしまうんです。と、いうことは配偶者に内緒で借り入れができるということです。本当に配偶者にバレずに借り入れができるのか少々不安に感じる方がいそうですが、本当なんです。

 

配偶者の勤務先に連絡が入る?

では、配偶者の勤務先に本当に勤務しているのか電話をかけるといったことはしているんじゃないんですか?と、思う方がいらっしゃいますが、そのようなこともありません。でも、自分が専業主婦だという証明はどうやってするのか?という点については、住民票の提出が必須としている銀行が中にはあります。しかし、住民票の提出も不要という銀行も結構あるんです。しかも、保証人や担保も不要で借り入れができるなんて専業主婦って凄いです。

 

凄い信用貸しではないのか?

以前の配偶者貸し付けでは、配偶者の同意を得るという高いハードルが設定されていたことで、専業主婦の借り入れが殆どありませんでした。そもそも、働きもせずに配偶者の同意を得て、銀行で借り入れをするなんて有り得ない話ですよね。

 

そのため、専業主婦への門戸を広げるために銀行側では、キャッシング会社では借り入れができない主婦をターゲットとした借り入れサービスを展開することにしたという訳なのです。それに、実際に専業主婦が借り入れを希望する場合、大抵5万円以下の少額を希望する場合が殆どなのです。その使い道は、生活費の補填としている方が多く、エステやブランド物の購入といったことに使用する方は、実際には少ないのです。

 

配偶者に知られずに借り入れをしたい

配偶者にバレずに借り入れをしたいと、多くの専業主婦が希望しているのではないでしょうか。主婦を対象としたカードローンを扱っている銀行をこまめに調べていくと、配偶者の同意書なしで借り入れができる銀行が6行もありました。

 

しかも、大手メガバンク三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行まで配偶者の同意書なしで借り入れができるんです。楽天市場でお買い物をする際に楽天カードで決済をして、お買い物ポイントとクレジットカード利用で付くポイントをダブルで貯めている主婦の方って多いと思います。当然、クレジットカードの引き落とし先も楽天銀行にしているケースが多いのでは、と思います。

 

楽天銀行のスーパーローンは、契約手続き完了後に口座開設をしなければいけないのですが、すでに口座開設済であれば面倒な書類の返送などがなくて簡単です。他にも、東京スター銀行、イオン銀行、横浜銀行などでも配偶者の同意書なしで借り入れができるようになっています。

 

お勧めの銀行は?

イオン銀行のイオンメンバーズローンは、専業主婦(夫)やパート・アルバイトの方でも申し込みが可能です。借り入れ額は、30万円までとなります。利用対象者は、20歳以上、60歳未満の方で、イオン銀行の口座を持っている方。そして、配偶者に安定した収入を見込める方、イオンクレジットサービスの保証を受けられる方となります。

 

申し込みは、店頭又は書面申し込みとなります。借入期間は、1年以上7年以内となり、金利は9.8%か13.5%のどちらかを、審査のうえで決定されます。借入方法は、イオン銀行の口座に入金となり、返済は口座引き落としです。毎月の返済は、10日、20日、30日の中から選択できるようになっています。

 

口座の履歴を見られないように、こっそり別秘密の口座をイオン銀行で作る必要がありますが、低金利で借り入れができますよ。また、通常の借入の場合は、最大50万円まで利用できて、14時までに申し込むと審査の即日回答が可能です。専用ATMやコンビニのATMからの借入・返済が可能です。

 

月々の返済は、3万円以下の借入であれば3,000円からとなります。10万円超40万円以下だと続きの返済額は5,000円、40万円超50万円以下だと月々10,000万円となります。イオン銀行のATMの利用であれば、手数料がかからないのでお得に借り入れができます。

 

イオン銀行も、普段イオンでお買い物をしている主婦の方で、イオンカードを持っている場合は、後から口座開設の手続きをしなくて済みますので簡単ですね。家族にバレないためには、賢く借りて、計画的にしっかり返済することが重要です。バレたら、少額であっても夫から信用されなくなってしまいます。