主婦がキャッシングを利用しても大丈夫なのか

主婦の方がキャッシングを利用したとしても、なんら心配をするようなことはありません。特に公共料金などの支払いならば、支払いは期間中に間に合わせなくてはなりませんから、急を要することだと思います。

 

また、そこまで大きな金額になるわけでもないので、金利自体も大きくなりませんから、損失というのはそんなにありません。また、利用する際に最大限の得をしたいのであれば、消費者金融の30日間の無利息期間を利用すれば、利息はかなり少なくて済みます。消費者金融は審査時間も短いので、急いでいる場合でもすぐにお金を手にして、返済を行える点も非常にお得ですよ。

 

消費者金融の無利息期間でかなりお得にキャッシング

消費者金融の無利息期間は、初回利用時に必ず適用されるものです。ですので、キャッシングをこれまでに利用したことが無い消費者金融に申し込みをして、借入をすることでこの恩恵を受けることができますもちろん、この期間中に返済を済ませてしまえば、利息はゼロで借入することができますので、実質の損害は全くありません。

 

しかし、数万円というお金を借りて、自身も働いているお金が生活費に必要不可欠であれば、期間中の返済は難しいでしょう。ですが、なにもこの期間中に返済をする必要はありません。無利息期間を利用している間の金利がゼロで、金利が発生するのは期間の翌日からです。

 

ですので、期間中にできるだけ多くの金額を返済しておけば、発生する利息も抑えることが可能になりますし、数万円程度なので、金利自体もそこまで大きくはならないので、損失は最小限に抑えることができます。

 

金利は1万円あたり150円

また、消費者金融の金利は高いものだ、と思われている方も多いでしょうが、消費者金融は100万円までの金利率は18%となっており、それまでは1万円あたり150円しか発生しません。ですので、例え5万円借りたとしてもたったの750円ずつ毎月発生するだけです。意外と金利で発生するお金は低いことが良く分かりますね。

 

さらに、無利息期間を利用して、最初の月に2万円の返済を行ったとしましょう。そうすると期間を超えてから発生する金利は、450円ずつとなりますので、これくらいの金利が毎月加算されるだけならば、毎月1万円ずつの返済をしたとしても、簡単に返済することができるのです。

 

最長の無利息期間は180日

レイクの無利息期間は180日間です。5万円までしか適用されませんが、10万円借りたとしても、そこから無利息になる5万円分は差し引かれますので、実際に発生する金利は5万円分となります。

 

また、5万円以下を借りるのであれば、期間中に返済を済ませることも大変簡単ですし、ちょっとずつの返済をしていたとしても、金利は全く発生しませんから、かなり嬉しい特典だと言えるでしょう。

 

返済に便利な日雇いバイト

また、返済を行う分だけのお金を稼ぐのには、これまで以上にパートのシフトを増やすこともいいですが、日雇いバイトの方がオススメです。日雇いバイトならば、平均の相場が1日5000円くらいです。5万円の返済を行うとしても、10日間だけ働けば、それだけのお金を稼ぐことができます。

 

面接などの期間を含めたとしても、2週間あれば十分に返済可能でしょう。ですので、30日間の無利息期間を利用される場合は、今働いている職場以外にも、日雇いバイトを行うことで、より一層簡単に、そして損害を少なくしながら返済をすることができるのです。

 

銀行カードローンを利用するような場合

これまでは消費者金融について説明してきましたが、消費者金融を利用する際には、必須事項として自身に収入がなければなりません。ですので、現在働いていない専業主婦の方は消費者金融を利用することができません。ですが、無収入の専業主婦の方でも、銀行カードローンを利用することで、キャッシングは可能ですので、もしもお金が入用ならば、銀行カードローンを利用しましょう。

 

銀行カードローンしか利用できないと言っても、銀行カードローンの方が利息は少なくて済みます。無利息期間はありませんが、それでも何度も利用することになる場合でしたら、明らかに銀行カードローンの方が損失が少なくて済みます。

 

夫に内緒で借りたい方へ

銀行カードローンを利用する際に一番気にかかることは、夫にバレないで借り入れができるかどうかです。キャッシングに否定的な旦那さんを持っている方も多いでしょうから、できることならば、夫に内緒でキャッシングを利用したいと言う方は多いでしょう。

 

結論としてはほとんどの銀行では難しいでしょう。借入をする際には配偶者の同意書が必要となりますので、少なくとも夫に一度は相談しなければ利用できないのです。しかし、銀行の中にはこれを必要としないで貸し付けを行う銀行もありますので、そちらを利用すれば夫に内緒で借り入れをすることができます。ポイントは、借入をする銀行選びですので、ホームページなどでしっかりと確認しておきましょう。