任意整理を行えば最低でも5年間はキャッシング不可

任意整理と言うのは解りやすく言えば、債務者が借金負担を軽減してもらう仕組みであり、任意整理したら信用情報として記録に残り、新規のキャッシングをするにしても5年から10年程度は記録が消えずに審査通過が難しいです。

 

任意整理後に新規借入が出来るのは7年と表現される事も多いですが、これは単純に5年から10年の間を取っての事であり、正確な情報としては5年から10年と知っておきましょう。

 

任意整理から何年経てば新規借入可能なのか

任意整理を行うとJICCやCICは5年まで記録に残り、全国銀行個人信用情報センターの場合は10年まで履歴保管がありますから、5年経過後にJICCやCICから履歴が消えても、全国銀行個人信用情報センターには残るという事です。

 

ですから確実に新規審査で勝負出来るようになるには10年かかると言えますし、履歴は10年で必ず消えるにしても審査クリア出来るかどうかはまた別の話になります。当然ながらその時に金融業者が定める返済能力を備えていなければ融資を受ける事が出来ないですし、きちんと収入の流れを持っていて返済出来る基準を満たす事が必要です。

 

審査結果はクレジットスコアで変わる

任意整理や他の債務整理を行っても、所持しているクレジットカードやキャッシングカード全てが使えなくなるわけでなく、カードを利用枠の範疇で使っているという方も居ます。ですから債務整理後にカード利用によってクレジットスコアを上げていく事は可能であり、借入を行っても期日に遅れる事もなくきちんと返済を行っていけば信用を高める事が出来るものです。信用が高まる事によって任意整理から5年経過後に審査が通る可能性もあり、クレジットカード等を利用出来る場合はそうして実績を高める事は重要な要素と言えます。

 

整理内容によって審査は変わる

任意整理は債務者と債権者二者間で交渉により、間に弁護士等の専門知識を持った方に入ってもらうとスムーズに進めていく事が出来ます。大抵の場合は利息負担ゼロにしたり、借金を減らす整理方法ですが、どの程度の減額を行ってもらったのかによって、キャッシング審査に影響を与えるものです。もちろん整理規模が小さい程に審査におけるマイナスポイントは小さくなり、整理を行うにしても出来る限り払える範疇で払っていく意識も必要になります。

 

過払い金返還は影響が小さな任意整理

過払い金の返還は当然の権利ですから、一時的に任意整理としてブラックリストに入ってしまいますが、任意整理の中でも影響が小さいものとされます。これは借金の踏み倒しではなく、法的に返還可能なものですから、過払い金返還出来る場合は積極的に行う事が望ましいです。払い過ぎてしまった返済額を取り戻せるというルールは活用出来るならば活用すると良いですから、過払い金の請求が可能かどうかは専門業者に相談すればすぐに解ります。計算が苦手な方でも利用履歴を提示すれば専門家がすぐに計算してくれて、どれだけ取り戻せるのか、仲介する専門家にどれだけのマージンを支払うのかも解るものです。ただし過払い金請求をすれば当然の権利としても、業者側からすれば厄介な利用者として信用情報に記録されてまいます。ところが性質の悪い整理では無いですから、任意整理後の新規審査でマイナス影響が少ないです。

 

任意整理の中でも影響が大きいパターン

どのような任意整理を行えば、その後の新規キャッシング審査でマイナスになるのか知っておく事も有効であり、借金そのものを減額するというのは大きな要素です。さらに利息負担軽減や排除と言うのは踏み倒しにあたるものであり、審査において影響が大きくなる可能性が高いと言えます。任意整理で利息分をカットというパターンは非常に多いです。

 

任意整理から5年経過していないのに借りれたという情報について

任意整理後の借入に関する情報収集していると、任意整理から1年程度で追加融資を受ける事が出来たという体験談情報もあります。

 

任意整理では最低でも5年は記録に残って消えないですし、各業者は情報共有出来ていますから、1年経過で借りれるというのは現実的ではなく、審査通過をすでに行っていた業者から、限度額範疇で追加融資を受けたという例です。

 

任意整理では新規審査で影響が出るものですが、すでに審査クリアして利用している業者の限度額が無効になるものでは無いですから、そういう場合には新規借入出来るという事はあります。

 

任意整理後に他業者の限度額が制限される場合

任意整理による信用情報は金融業者が簡単に把握可能であり、他社がその情報を掴んだ場合は貸し倒れリスクが高いとなり、それまで限度額が50万円あったとしても10万円に減るという事もありえます。

 

ですから任意整理後でもすでに審査が通ってある業者なら必ずしも融資を受ける事が出来るわけではなく、一般的に借金を削減する任意整理は信用情報を傷付けるもので、ペナルティーがあるという事です。